MENU
\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

サンディエゴフィッシュの特徴と魅力

サーフ飯 サンディエゴフィッシュ スティーブ・リス
目次

サンディエゴフィッシュの誕生

サンディエゴフィッシュは、1960年代初頭にカリフォルニア州のサンディエゴで生まれました。当時、サーフボードの進化が進んでおり新たな形状やデザインのボードが次々と登場。

この時期に、サーファーのマーク・リチャーズ(Mark Richards)やクリムゾン・ボータム(Crimson Bottom)などのシェイパーたちが、従来のシングルフィンのサーフボードに変化をもたらすべく、新しいデザインを模索していました。

そんな最中、サンディエゴのニーボーダーでありシェイパーのスティーブ・リス(Steve Lis)が、魚の尾ひれを思わせる特徴的なテールデザインを採用したボードを作り後にサンディエゴフィッシュとして今なおフィッシュの原型として残っています。

このデザインは、2つのピンテールを並べた形状で、浮力とターンのしやすさを両立させたバランスの良いボード形状で、当初は地域的な人気を得ましたが、その優れたパフォーマンスと操作性が評価され次第に広まっていきました。

サンディエゴフィッシュは、小波や中小サイズの波において特に威力を発揮しアグレッシブなサーフィンスタイルやスライディングなどの新たなムーブメントを可能にしました。

現在、サンディエゴフィッシュは、クラシックなデザインとして多くのサーファーに愛され、進化を重ねながらもその特徴的な形状は受け継がれ、さまざまなシェイパーによって製作されています。

サンディエゴフィッシュは、サーフィンの歴史の中で重要な一章を担い、多くのサーファーにとって特別な存在となっています。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

サンディエゴフィッシュの特徴

アウトラインとテールデザイン

サンディエゴフィッシュは、2つのピンテールを持つ特徴的なアウトラインを持ち、魚の尾ひれを連想させるテールデザインが特徴です。これにより、ボードのテールエリアの面積が減り、ターンのしやすさが向上します。

敏捷性と操作性

サンディエゴフィッシュは小さな波や中小サイズの波で威力を発揮します。短く太い形状とテールの切れ込みにより、素早くターンを切ることができ、敏捷性と操作性に優れています。そのため、小波のコンディションでのパフォーマンスやアグレッシブなムーブメントを求めるサーファーに適しています。

速さとスライド感

サンディエゴフィッシュは、フラットなロッカーライン(ボードの曲がり具合)と低いドラッグを持ち、高速で波を滑ることができます。

波の小さなセクションやフラットなセクションでもスピードを維持しやすいため、スライディングやドリフトスタイルのターンにも適しています。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

サンディエゴフィッシュをおすすめする人

初級者から中級者

サンディエゴフィッシュは、浮力と安定性があり、初級者が波に乗りやすい特長を持っています。また、中級者にとっても、その敏捷性とターンのしやすさが楽しめます。

また、サンディエゴフィッシュは、小さな波や中小サイズの波で最も効果を発揮するので、普段波の小さな湘南エリアでサーフィンを楽しむ人には特におすすめです。

ターンを楽しみたいサーファー

サンディエゴフィッシュは、素早いターンとアグレッシブなパフォーマンスを可能にするため、スピード&ドライブの効いたターンを楽しみたいサーファーにおすすめです。

サンディエゴフィッシュまとめ

サンディエゴフィッシュは、現在の様々なフィッシュの原型となるモデルです。

まずは、サンディエゴフィッシュを乗ってから、時代やスタイルによって進化されたフィッシュボードを楽しむのも良いのではないでしょうか。

オルタナティブボードの先駆けとなったフィッシュを是非楽しんでください。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次